ひか☆ログ

子育て・ビジネス・エンタメ etc 生活を豊かにする為のお得な情報を配信

【書評】幸せは自分で選択出来る「幸せになる勇気」とは?

幸せな子供

今回は、心理学者アドラーの教えを対話形式でまとめた自己啓発本「幸せになる勇気」の書評です。

 

 

前作「嫌われる勇気」では、初めてアドラー心理学に触れ、新しい発想や考え方に色々と考えさせられました。

 

hikalog.sennyablog.com

 

本書は、社会人であり子育て中の私にとって、非常に心に響く内容でした。

 

 

 

『幸せになる勇気』とは

幸せになる

 

心理学の三大巨頭の一人、アルフレッド・アドラーの思想を対話形式でまとめた「勇気の二部作」完結編。

 

 

ちなみに、心理学の三代巨頭といえばフロイト・ユング・アドラーになります。

 

 

本書は、タイトルにもある"幸せになる"生き方や考え方について書かれています。

 

正直なところ前書「嫌われる勇気」を読んだ直後は、いったいどうしたらいいのか自分自身悩む部分がありましたが、そのモヤっとした部分が「幸せになる勇気」を読んで、解消されていきました。

 

 

アドラー心理学について、前書より具体的に分かりやすく解説されています。

 

「嫌われる勇気」がQ&AのQなら、「幸せになる勇気」はAといった感じなので、「嫌われる勇気」を読んだ方はこちらも読んだ方が良いかと思います。

 

どちらか1冊読むのであれば「幸せになる勇気」の方がおすすめです。

 

叱ってはいけない、ほめてもいけない

子育て中の親にとって、叱るほめるという言葉はとても気になるワードですよね。

 

私自身、初めて聞いたので興味深い内容でした。

 

アドラー心理学は子育てや人間関係で悩んでいる方達にとって、考え方の参考になると思います。

しかし、中には作中に登場する青年のようにアドラーに否定的な方も少なからずいらっしゃるでしょう。

 

実際、アドラーが説いている「叱ってはいけない、ほめてもいけない」という話を私がどんなに妻に説明しても、妻は聞く耳すら持ちません。

 

むしろ軽蔑の視線すら向けて来ます(苦笑)

 

ほんの一説に過ぎませんが、それだけで「そんなバカな」と否定的になる方は多いんじゃないでしょうか。

 

 

世間的には、「褒めて育てる」という言葉も浸透してますし、何を信じて実践するかは自身で判断するしかありません。

 

 

何故、褒めてはいけないのか?

 

私は、読んでみて腑に落ちる部分も多いにありましたし、是非、偏見を持たずに一つの考え方、もしくは物事の側面として捉えてみて欲しいです。

 

 

《アドラーが賞罰を否定する理由》

彼らは「ほめてくれる人がいなければ適切な行動をしない」のだし、「罰を与える人がいなければ、不適切な行動もとる」というライフスタイル(世界観)を身につけていく

引用:「幸せになる勇気」

 

これは、ペットの躾に例えると分かりやすいかもしれません。

 

ペットは躾される事で、その行動が良いか悪いかは関係なく、ご褒美を貰える行動をとりますよね。

主従関係という、完全な縦の関係を築くわけです。

 

犬にとって、お座りやお手をするのに理由なんて無いでしょうし、叱られなければ好きなところに粗相もするでしょう。

 

極端な話かもしれませんが、子供にもペットの躾のような育て方をしてるんじゃないかということ。

 

子供が良い事か悪い事かも理解せず、単に親に褒められる事をして、叱られる事をしないというライフスタイルをとっている可能性があります。

 

もし悪い事をした時、それはいけない事だと知らなかったのなら、叱るのではなくまず教えてあげるべきです。

 

悪い事だと知っていたのであれば、何故したのか目的を考えます。

ここは「問題行動の5段階」で解説されています。

 

《関連記事》 

hikalog.sennyablog.com

 

例えば、問題行動の二段階目に「注目喚起」というのがあり、ほめられなくてもいいから、目だってやろうとイタズラなどをして目立とうとします。

 

それは「悪くあろう」とするのではなく注目を集め特権的な地位を得る事が目的です。

 

こうした時も叱ってはいけません。

尊敬によって、特別である必要はなく、そのままで十分価値がある存在だと伝えればいい。

 

 

ほめることを否定するのも、この問題行動が関連しています。ほめられる事が目的になるとそれが問題行動へと発展する可能性を示唆しています。

 

 

我が子の行動に当て嵌めると・・・、

確かに母親にほめられる事をしていても、どこかそれは、ほめられる為にという側面を感じる事があります。

 

 

母親に褒めて欲しいがために、姉妹で同じ事をしようものなら必ずといっていいほど「自分がやるからやらないで!」と競争が始まります。

 

姉妹喧嘩の一つの原因になってますね...。

 

本来、良い事は誰がやってもいい事なのに、良いことをするというより自分がほめられる事が目的と言わざるを得ない・・。

 

 

賞罰は競争原理を生み縦の関係を築き、協力原理や横の関係にならないというアドラーの教えも、確かにあると感じます。

 

理想は、横の関係と協力原理で生きていくこと。

 

出来る事なら子供には人と競って生きるのではなく、協力して生きるライフスタイル(世界観)を選んで欲しいと思います。

 

子供の自立を援助すること 

子供を援助

子供の自立を妨げているのは、親なのかもしれない・・。

 

これは、私が本書をよんで思った率直な感想です。

 

親は子供が失敗をしないように、怪我をしないように、他者に迷惑をかけないように、親である自分が責任を問われないで済むように。

 

子供を支配下において、冒険させず、無難な道を進むようコントロールする。

 

 

すべては自らの保身のため。

 

 

子供達の心配はもちろんしますが、確かに保身の部分もある気がします。

子供にいつまでも子供でいて欲しいという気持ちも、不定出来ません。 

 

では、どうすればいいのか?

 

子供たちの決断を尊重し、その決断を援助するのです。そしていつでも援助する用意があることを伝え、近すぎない、援助ができる距離で、見守るのです。

引用:「幸せになる勇気」

 

 

本書では、もしアドラーの思想に共感出来たなら何をすれば良いのか明示されています。

 

前書では、自分で考えなさい的な間が多く実際考えさせられるのですが、本書では行動指針まで書かれているので、どうすればいいのかと悩むことも少ないかと思います。

いまが、過去を決めている 

選択

アドラーはどんな環境であれ、どんな過去があれ、「今、ここ」をどう生きるかが重要と言います。

 

確かに過去何があったからといって、今の自分には関係ありません。

環境のせいにしたり、過去のせいにしたりするのは言い訳で、アドラー的にはそれを「人生の嘘」と否定します。 

 

 

自分の人生は自分で選択出来るもの。

 

 

たまにこんな事ありますよね。

 

何か失敗した時に、

「いつかこれも良い思い出になるよ」

 

 

ほんとその通り。

良い言葉ですよね。

 

その時は嫌な出来事でも、過去になった今は良い思い出にも出来るって事。

それを知っているからこそ出る言葉です。

 

過去をどうするかは「今、ここ」でいくらでも選択出来るんです。

 

人間の喜びもまた、対人関係から生まれる

世界に自分しか居なかったら、悩みが無くなると同時に幸せも感じないはず。 

対人関係は悩みのタネであると同時に、幸せのタネでもある。

 

「幸せになる勇気」では、幸せに生きるための哲学が語られます。

 

最終的な結論としては、共同体感覚にたどりつくことが幸せに繋がると定義しています。

 

まずは目の前の人に、信頼を寄せる。

目の前の人と、仲間になる。

 

まずは自分自身が争いから解放されなければならない。

 

全体の一部である自分が、最初の一歩を踏み出すのです。

 

アドラーは、なんでもない日々が試練なのだといいます。

 

おそらく殆どの大人は競争社会に生きていて、他者と競い、周りを敵のように考えているんではないでしょうか。

私が子供の頃は、アドラー心理学なんて聞いた事もありませんし、学校の成績や賞など周りと競って生きてきたので仕方ないのかもしれません。

 

しかし、競う事は決して気持ちの良いものではなく、むしろストレスになっているのを実感しています。

素直にアドラーの教えを実践出来れば、そのストレスから解放されるんではないかと思いました。

 

実践するのは確かに難しいですが、少しずつでも変えられたらいいなと思います。 

与えよ さらば与えられん

協力

 

私は読んでいて、ここが一番、理解出来ても実行が難しいと感じた内容です。

幸せになるために、まず自分から他人に与えなさいという教えでした。

 

大抵の人は、自分は与えて欲しいと思っておきながら与えようとは考えないでしょう。

 

与えてもらうには、誰かが与えなければいけないという当たり前の事が抜けてしまっているというか、・・自己中心的になってしまうんですよね。

 

 

この自己中心性からの解放が共同体感覚への道です。

 

「与えてもらうこと」を待ってはならない。

 

与えるからこそ、与えられる。

当たり前の事なんだろうなぁ...。

 

けど、難しい。

これが出来るようになれば、一回りも二回りも人として成長出来る気がします。

 

 

回りを見渡してみると、競争原理のない人なんてなかなか居ません。

 

他者はみな仲間だと思い、無条件で他者貢献出来る人もなかなか居ない。

 

大人になってから性格を変えるのは難しいですが、考え方や行動を変えるのはいつでも出来る事。

 

アドラーも、「人間が変わるのに、タイムリミットはあるか?」という質問に、こう残しています。

 

「たしかにタイムリミットはある」

「寿命を迎える、その前日までだ」

 

回りを敵と思って生きるより、仲間と思って生きる方が確実に幸せですよね。

 

自分のこれからのライフスタイルと、子育ての仕方に多いに影響を与える一冊でした。

 

【まとめ】幸せになる勇気

 

だいぶ抜粋して書きましたが、私が共感し伝えたい内容を書きました。

 

この書籍は、哲人と青年の対話形式になっていて、とにかく読みやすいです。

面白いと言ってもいいかもしれません。

青年がアドラーの教えに反論し、哲人との論破合戦が続くので楽しみながらアドラー心理学を学べます。

 

子育て中の親御さんには、「叱ってはいけない、ほめてもいけない」 の項を是非読んで欲しいですし、 環境や過去に囚われている人は、読めば心が軽くなるかもしれません。

 

悩みから解放され、幸せになる考え方に変われるかもしれない一冊なので、興味が沸いた方は是非読んでみて下さい。