ひか☆ログ

ひかりある未来へ。生活をちょっと豊かにする『雑記ブログ』

NGT48山口真帆さんの言葉が心に響いたので伝えます。

正義の女神

私はNGT48のファンでもなければ、山口真帆さんの事を知ったのは、この事件がきっかけです。

 

連日報道される事件のニュースから多少気にしていた程度でしたが、4月21日卒業発表と共に読み上げられた手紙に心打たれたので、思わず記事に致しました。

 

 

山口真帆さん事件概要

事件について何も知らない方へざっくり概要を載せておきます。

①山口真帆さんの自宅マンションに男性ファン2人が押し寄せ暴行を受ける

②男性2人は逮捕されるも不起訴処分に

③男性2人が自宅マンションと帰宅時間を知っていた事からメンバーの関与が疑われる

④山口真帆さん本人から、メンバーの指示だったと告白

⑤運営会社AKSは(身内だけで構成された)第三者委員会を立ち上げ、調査結果を報告するも「メンバーの関与無し」との報告

⑥山口真帆さんは真っ向から反論するも、運営側に対応の変化なし

⑦居場所が無くなり、卒業という苦渋の決断に至る

 

《手紙全文はこちら》

headlines.yahoo.co.jp

 

私が心打たれた言葉はこれ

「正しいことをしている人が報われない世の中でも、正しいことをしている人が損をしてしまう世の中ではあってはいけないと、私は思います。」

 

「報われない」と「損をしてしまう」という表現が分かり辛いですが、

「正しい事をして、例えその成果(見返り)が無かったとしても、損をするのはおかしい」

って事だと思います。

 

自分も心情として思っている事だったので、この一言で山口真帆さんに共感を覚えました。

 

山口真帆さんは「報われなくても」と謙虚に言っていますが、 正しいことをしている人は報われて欲しいですけどね。

 

個人でこれだけの企業に立ち向かった行動は、すごいという言葉だけでは表し切れないほど大変な思いをしていたと思います。

 

メンバーからの裏切りという非常にショックな出来事があり、それに対し真っ向から発言し、尚且つ同じステージに立たなくてはいけないというのはあまりにも酷な事だったと想像します。

 

「被害者が加害者を訴える」という、どこをどうみても正しい行動。

企業やメンバーを守るために隠すってのは一見正論のように見えるかもしれないけど、それでは被害者が損をするだけで、加害者には何のお咎めも無しって事になる。

 

それで企業や無関係だったメンバーの今後の活動に悪影響が出たとしても、悪い事をやってしまった以上仕方のない事だと思います。

連帯責任的に被害を受けるメンバーには気の毒な部分もありますが、企業の責任です。

 

 

本当に何故正しいことをしている人が、報われないのか・・・腹立たしいです。

 

正直者が馬鹿を見る世の中

私の人生経験上でも、悲しいかな世の中は悪い人・ずるい人が得をして、正しい人は損をする世の中なんですよね。

 

ほんと報われない。

 

アイドル業界もだいぶ黒い噂は絶えないですけど、関係者じゃないので真相は分かりません。

 

自分の経験上では、先日投稿した記事のように会社では仕事も出来る正しい人が排除され、社畜が優遇されています。

または、上司に媚びる人。

 

hikalog.sennyablog.com

 

 

副業として始めてみた転売でも、さくらレヴューで偽評価を稼いだ商品が売れていますし、ツールを使用した不正な横流しで稼ぐ人もいます。

 

一部の人達かもしれませんが、物販業界も腐ってます。

私は馬鹿馬鹿しくて辞めてしまいました。

 

すごーく小さい例で言うと、

急いでいて信号待ちしてたとします。

歩行者信号が赤だったので真面目に待っていても、信号無視して先に行ってしまった人の方が早く目的地に着きますよね。

 

だからって問いただされたり捕まったりしません。

これは例えですが、真面目に正しい事をしても損する事が多い世の中です。

 

バレなければいい、

罪にならなければいい、

みんなやってるからいい、と道徳心が無くなっていき平気で悪い事する人が多いと思います。

 

そして大抵の人はそういう社会に揉まれて、初めは悪いと分かっていても順応してしまう。

 

処世術ってやつですね。

 

世の中の正しい生き方をする人が減り、悪い奴・ズルイ奴が増えていくのだから嫌な世の中です。

子供の頃、もっと皆純粋で正しく生きていたはずなんですけどね。

大事なのは染まらない事

私自身子供の頃から真面目に生きてきたので、正義は勝つと信じてきました。

 

今では厨二な考えなのは分かっているし、通用しないのも身にしみています。

それでも私は、正しい事をするのはポリシーだし変える気はありません。

 

世の中が間違ってるんだと思います。

 

私は報われなくても、損したとしても、そこは貫いて生きようと決めています。

(いつか報われたいという希望は持ちつつですけど。)

 

山口真帆さんもその正義心は曲げずに、染まらずに生きて欲しいと思います。

 

そしていつか報われる事を心より祈ります。